FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親が話しかける回数が多いほど、幼児の言語能力が発達する(米研究)

米スタンフォード大学の研究グループは、長期間の親子間の会話をモニターして調査した結果、「親が子どもに話し掛ける回数が各家庭で非常に差があり、その回数が多いほど、幼児の言語能力が発達する」ことを明らかにした。この内容は9月10日付で「Psycological Science」誌に掲載された。

この研究グループは親と幼児の会話を1日当たり10時間記録し、親や別の媒体(テレビ、ラジオ等)からの言葉の回数を計測した。その結果、各親によって話し掛けられた単語の数は1時間当たり67語から1200語と非常に差があることが分かった。さらにそれぞれの幼児が2歳になったときの言語能力を調査し、話し掛けられた言葉の回数との関係を調べた。その結果、親から直接話し掛けられた回数が多いほど幼児の言語能力が高いことが分かった。一方、テレビやラジオから流れた言葉の回数とはこの関係が見られないことが分かった。
(一部略)
http://irorio.jp/yangping/20131017/82408/
http://news.stanford.edu/news/2013/october/fernald-vocab-development-101513.html

 この研究で難しいところは遺伝を考慮することだと思います。そもそも子どもにたくさん話しかけるという行為が後天的に得られるものなのか、先天的なものなのかの判断は難しいです。

 つまり、大人が子どもにたくさん話しかける能力がある=その親の子どもが先天的によく話す能力を有しているという可能性があるということです。

 これを実証するには一卵性双生児を一人はよく話しかけ育て、一人は関わりを減らして育てるということが必要ですが、倫理的に実行できる可能性はありません。

 医師や心理士は言語の発達が遅れている子どもの親に対して「いっぱい話しかけて下さい」とアドバイスをしますが、これだけで言語の発達をサポートするには不十分です。たくさんの話しかけ(言語のシャワー)は言語が話せるようになってからの模倣には大いに関係していますが、話すことには関連性が低いように感じます。

 話すことを強化するには自発発語を全強化することが一番効果的です。例えば、遊んでいる時に、「ブーブーだね」と車を走らせ、子どもが「あ」等の発声ができた場合は「そー!」と言ってくすぐってあげるといった手法です。このように、基本は声かけをしながら生活をし、声を出せたら注目してほめてあげるという手法により子どもは注目してもらいたいため、くすぐってほしいために声を出すようになります。マンドトレーニングと並行して行うと効果的です。

 他者とコミュニケーションを取らないASDの子ども程、独り言が少ないという研究結果(Michelle R. Sherer and Laura Schreibman,2005)もあり、私もその通りだと感じています。言葉が少ない子どもは遊んでいる時に独り言をブツブツ言っている状態を目指しましょう。
スポンサーサイト

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

コメント

Secret

検索フォーム
プロフィール

Haffy

Author:Haffy

最新記事
カテゴリ
リンク
リンク
月別アーカイブ
総閲覧者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。