スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもの発達段階を知るためには2

 前回説明した保育指針の他に、遊び等の発達段階をはかるツールはこちらのページで詳しく説明されています。県立の支援学校でここまで詳しく説明されているのはすばらしいですね。

 特に私が重宝しているのが「およその発達段階」(Ver.5)です。前述のページでも紹介されていますが、字が潰れていて読めないと思います。必要な方は書籍をご購入下さい。

発達障害の子どもの指導で悩む先生へのメッセージ―結い廻る:つながっていきましょ! (がんばれ先生シリーズ)発達障害の子どもの指導で悩む先生へのメッセージ―結い廻る:つながっていきましょ! (がんばれ先生シリーズ)
(2010/09)
安部 博志

商品詳細を見る


 興味がある方はこちらの論文もご覧になって下さい。実際に成長による遊びの変化が計測されています。

 私は以前も説明しましたが、定型発達児を多く見ている方が一番発達障害の子どもを見分けられると考えています。私を含め心理士はすぐ「妥当性がない」「データを出せ」と言いがちですが、「定型発達の子どもはこんな感じ」という大体の概念は必要です。
スポンサーサイト

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

コメント

Secret

検索フォーム
プロフィール

Haffy

Author:Haffy

最新記事
カテゴリ
リンク
リンク
月別アーカイブ
総閲覧者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。