FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lyn KoegelによるPRTの解説動画

 ツイッターで知りました。


 PRTによるセラピーを無発語状態の子どもに対して行うことで

最初のPRTの方法で50%
改良した方法で3歳以前で95%
3~5歳で80~85%
5歳以降で20%

で言語行動の獲得ができると説明しています。

 それでも言語行動を獲得できない子どもに関しては注目が取れていないから言語行動が表出しない場合があり、以下の方法が取られています。

1.ハイタッチ、抱きしめるといったことでしっかりと注目をとってからマンドを音声模倣させる
参照、http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2778808/
2.すでにでている音声をマンドに使う
3.「よーい」と声をかけ「どん」と言わせる

 これらの方法で一定の効果が見られたようです。

 やはり、PRTでは自発反応がそれほど重視されていないように感じます。言語行動の獲得した子どもでは自発言語行動が増えたと報告していますが、指導の注意点では自発性には触れられていません。最初はアイコンタクト、その次にアイコンタクト+何かしらの自発発語という順番でマンドとして機能させていけば、わざわざ注目をとるという必要がありません。ですから、発語が出づらい子どもに対して行っている上記3つのアプローチの内、1と2を全ての子どもに行うことでよりPRTの弱点を補うことができると思います。

 なお、英語ですのでところどころ聞き取れていません。間違いがあればご指摘ください。
スポンサーサイト

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

コメント

Secret

検索フォーム
プロフィール

Haffy

Author:Haffy

最新記事
カテゴリ
リンク
リンク
月別アーカイブ
総閲覧者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。