FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PRTの遊びの注意点2

6.音声模倣させる場合は発音にだけ気を付ける
 音声模倣が適切な発音でなければマンド等の発音の明瞭性があがりません。発音には厳しくし、難しい場合は二語文にする、単音に分けて言わせる等しましょう。

7.遊びの中でマンドの音声模倣をさせる
 遊びの中で積極的に発語を促していきます。ですが、自発マンドを求めると子どもが遊びを止めてしまう確率が高いので、遊び中は音声模倣によりマンドやタクト、動作模倣を引き出していきましょう。
例・あまり使えない好きなおもちゃ(好子)の場合 
子:(おもちゃを引っ張る)
大:何?
子:貸して
大:「貸して」だね!はい、どうぞ

遊びの中でいつも使っているおもちゃを貸し借りする場合
子:(おもちゃを引っ張る)
大:○○君、真似して「おもちゃ貸して」
子:おもちゃ貸して
大:「おもちゃ貸して」だね、はいどうぞ。
 音声模倣によるマンドは自発マンドに比べると難易度が下がるのでその分、難しいマンドにします。例えば普段一語文のマンドの場合は二語文のマンドを音声模倣させます。

8.すぐマンドを音声模倣させる
 遊んでいて
大人:車いる?
子ども:車いる
大人:じゃあ真似して、「車貸して」
子ども:車貸して

というやり取りをすると遊びがスムーズにつながらなくなります。正しい方法は子どもに渡そうとして手を伸ばして来たら音声模倣のマンドを言わせるというやり方です。

大人:はい車
子ども:(手を伸ばす)
大人:真似して、「車貸して」
子ども:車貸して
大人:「車貸して」だね、はいどうぞ

 同じように遊びの中では自発アイコンタクトを待つ必要はありません。音声模倣させる場合は名前を連呼する等してアイコンタクトをさせてから音声模倣させましょう。

9.遊びの中でタクトの音声模倣をさせる
 遊びの中でタクトを音声模倣させます。やりやすいのは本を読んでいる時です。例えば
大:(犬を指さして)真似して、「いぬ」
子:いぬ
大:「いぬ」だよね!ワンワンワン!(くすぐる)
といったやり方です。また遊びながらも「車走ってるね」「楽しいね」と声かけをしながら遊び、自発的に真似したらくすぐる等の方法で強化しましょう。

10.遊びの中で動作模倣をさせる
 例えば、クレヨンで○を書いて、同じように子どもに○を書かせて絵を完成させる、よーいどんのポーズをさせてできたらかけっこをするといった方法があります。
スポンサーサイト

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

コメント

Secret

検索フォーム
プロフィール

Haffy

Author:Haffy

最新記事
カテゴリ
リンク
リンク
月別アーカイブ
総閲覧者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。