スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カウンティングを教える2

 カウンティング1までのスキルを習得したら次に求められることは以下の通りです。

1.何個あったか報告できるようにする
 物を数えさせ、その後物を隠しすぐに「何個あった?」という質問に答えられるようにします。数えることと合計の概念が異なっている子がいるために必要なスキルです。

2.指定分だけ大人に渡させる
 物をたくさんおき、「積み木を3つちょうだい」と言って子どもが積み木を適切な数だけ渡せるようにします。

3.数字と数のマッチング
 数字の上に同じ物の数だけおけるようにします。

 これらができるとおはじき等を使い足し算、引き算ができるようになります。小学校に入るまでには身に付けたいスキルです。

スポンサーサイト

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

コメント

Secret

検索フォーム
プロフィール

Haffy

Author:Haffy

最新記事
カテゴリ
リンク
リンク
月別アーカイブ
総閲覧者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。