スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偏食を直す(動画)

 以前、苦手なことを克服するためにはエクスポージャーが有効だと説明しました。YouTubeに動画を見つけました。


1分37秒~
 この中で、野菜が食べられたらお菓子をあげるということで野菜嫌いを克服しようとしています。この場合、注目すべき点は

・強制的に食べさせず、子どもに選択させている
・食事場面とは別に実施している

ということです。これらが守られていれば無理なく偏食を減らしていくことができます。
スポンサーサイト

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

反抗挑戦性障害への対応のコツ

 反抗挑戦性障害支援策を以前説明しました。今回はこの方法を実施する上での注意点を説明します。

1.ルールは明確にすること
 暴言、暴力行為が何かを明確にし、それが起こった場合は強化しないようにしなければなりません。曖昧であると、親子ともに守るべきルールが曖昧になり効果が出づらいです。

2.好子による強化はルールが守られていない場合はしないこと
 例えば、暴力行為がない日に好子を与えている場合、少しでも暴力行為があった日には好子を与えないことが原則です。子どもからの要求に応じ、少しでも譲歩してしまうと、結局ルールが破綻してしまいます。毅然とした対応で臨みましょう。

3.緊急の時にどうするかを考えておくこと
 子どもが大きくなればなるほど、親の危険は高まります。子どもの暴力を抑えられない時はどうするかを考えておく必要があります。例えば、逃げ場所を決める、何かあった時に助けてもらえる人とつながりを作っておく等です。

 以上が支援策を実施する時の注意点です。

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

他人に物を貸す

 自分の物を少しでも取られると、大声で怒る、泣くという行動を示す子どもはいます。どのように支援していけばよいでしょうか。

 一番やりやすいのは、単純に子どもが遊んでいる物を「貸して」と声をかけて大人が取り上げることです。1~2秒貸してもらったら子どもに返します。この方法であれば、子どもは少しは抵抗するものの、泣くことはありません。段々と借りる時間を長くしていきます。

 もちろん、返す時は笑顔でほめてから返します。そうすれば段々と他者に物を貸すという行動が抵抗なくできるようになります。

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

触覚防衛について

 触覚防衛とは、自閉症児者によく見られる聴覚、触覚、味覚等に過敏、もしくは鈍麻が見られることです。

 以前にお伝えしたように、触覚防衛がある場合は好子を使って積極的に克服すると過敏反応が消せます(エクスポージャー)。

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

聞き取りが苦手な子どもへの支援ツール

 アスペルガー症候群ADHDの子どもは表出言語の聞き取りが苦手なことがあります。

 それをトレーニングするのに最適な教材はキキトリックときくきくドリルです。

キキトリックキキトリック
(2012/01/19)
Nintendo Wii

商品詳細を見る


 キキトリックは色々な声のキャラクターが何を言っているのかを聞き取るWiiのゲームです。特に、ミミプロというモードが役立ちます。子どもが楽しみながらできますが、小学校以上でないと難易度が高いです。


はじめてのきくきくドリル 入門編―ききとりノート (シグマベスト)はじめてのきくきくドリル 入門編―ききとりノート (シグマベスト)
(2007/07)
村上 裕成

商品詳細を見る


 きくきくドリルはCD付きの本です。文章題を聞いて解いたり、道案内を聞いて実際の目的地に行くといった課題があります。レベルに合わせて本が出ているのも特徴で、一番下の入門編は4歳から対象になっています。本をコピーしてできるまで何回も繰り返して行うことが望ましいです。
検索フォーム
プロフィール

Haffy

Author:Haffy

最新記事
カテゴリ
リンク
リンク
月別アーカイブ
総閲覧者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。